INTRODUCTION

原題『Wings Over Everest』(中国題:冰峰暴)として日中合作で製作された本作。ヒマラヤ救助隊『チーム・ウィングス」の隊長で“ヒマラヤの鬼"と呼ばれるジアンを演じるのは、名優・役所広司。確かな演技力はもちろん、これまでのイメージを覆すようなアクションシーンも必見!
彼と初タッグを組むのは、名監督ジョン・ウーの盟友にして『M: I- 2』『レッドクリフ』シリーズ等のヒット作を手掛ける名プロデューサー、テレンス・チャン。日中映画界の最高峰2人の化学反応に期待が高まる!
チームの隊員として『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』等ハリウッド大作への出演が続くチャン・ジンチュー、ドラマ「金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件」で山田涼介とも共演した台湾人俳優リン・ボーホンら、国際色豊かな俳優陣が共演。日本語吹替版主題歌に、25周年を迎え今なお日本の音楽シーンをリードするロックバンド・GLAY が書き下ろした「氷の翼」。激しいアクションとドラマを彩る。また日本語吹替版キャストには、沢城みゆき、宮野真守といった実力派豪華声優陣も集結!
世界最高峰・エベレストを舞台に、圧倒的スケールと映像美で贈るスペクタクル・エンタテインメントがここに誕生した!

STORY

ヒマラヤ地域の平和のため『ヒマラヤ公約』を締結する会議開催前、一機の飛行機がエベレスト南部、通称デスゾーンに墜落。その飛行機には、平和のカギを握る重要機密文書が載せられていた。。。

墜落から3日後、ヒマラヤ救助隊チーム・ウィングスに、インドの特別捜査官を自称する2人の男、ヴィクターとマーカスから、多額の報酬と共に機密文書を探す依頼が入る。
チーム・ウィングスは“ヒマラヤの鬼”と呼ばれるジアン(役所広司)隊長中心に、エベレストで遭難した恋人を探し出すために入ったシャオタイズ(チャン・ジンチュー)、若く情熱を持ったヘリパイロット・ハン(リン・ボーホン)らが日々危険なミッションに臨んでいた。
またジアンは、優秀ながら無謀な行動の多いシャオタイズに亡くした娘の面影を重ねていく。

危険なミッションと感じながらも、財政難に悩むチーム・ウィングスは依頼を引き受ける。
残された時間は48時間。酸素ボンベ残量も限られる中、死に至る場所・デスゾーンに向けて決死の登頂を始める。
刻一刻と時間は過ぎ、様々な思いと世界規模の陰謀が絡まる中、世界最高峰の頂には、予想もつかない事態が待ち受けていた――。

MUSIC

日本語吹替版主題歌
GLAY
GLAY

この度、日中合作映画「オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁」のエンディングテーマ「氷の翼」の作詞作曲を担当させていただきましたGLAYのギターのTAKUROです。

様々な過去を背負う登場人物達の人生を、エベレストと言う究極の世界を舞台に描くこの作品を下地に「氷の翼」を書き上げました。
過酷な運命から目をそらさず受け入れないといけないし、それでも人は自然の一部として生きていかなければならない、と言う事を意識して制作しております。
ぜひ映画館に足を運んでいただき、大迫力の映像と共にこの曲を聴いて頂ければ幸いです!

TAKURO(GLAY)

PROFILE

1994年にメジャーデビューし、2014年に20周年を迎えたロックバンド。
メジャーデビュー以降、CD セールス、ライブ動員数など常に日本の音楽シーンをリードし続け、数々の金字塔を打ち立ててきた。
14枚目のオリジナルアルバム「SUMMERDELICS」を2017年7月に発売し、オリコンアルバムチャート1位を獲得。アルバムを引っ提げて全25公演24万人を動員する大型アリーナツアーを開催。2018年3月17日(土)には台湾・台北アリーナ、3月24日(土)には香港・アジアワールドエキスポでのワンマンライブも大成功を収めた。
8月には、故郷函館にて、大型野外ライブ「GLAY Special Live 2018 in HAKODATE GLORIOUS MILLION DOLLAR NIGHT Vol.3」を開催。接近していた台風をはねのけ、2日間で5万人を動員し、大盛況のうちに幕を閉じた。
25周年のアニバーサリーイヤーとなる2019年は「GLAY DEMOCRACY」というテーマを掲げ、7つの公約を発表!
全国ホールツアー、メットライフドーム公演、全国9箇所17公演18万人動員の大型アリーナツアー、シングル、オリジナルアルバム、そして、ベストアルバム「REVIEW II」のリリース、デビュー25周年を総括する海外ロングツアー&ドームツアー開催予定など、精力的に活動することを発表した。
10月2日にはニューアルバム「NO DEMOCRACY」をリリースする。

PRODUCTION NOTES

ユー・フェイ監督による製作年表

1996年

エベレストの事故に関するドキュメンタリーに感銘を受ける

2015年
1月 脚本を書き始める
2月20日頃 北極圏に挑みロングイェルビーンの氷壁と出会う
2016年
6月 アルプス山脈シャモニーへ
多くの登山訓練に参加し、登山シーンのポスプロの準備をする
7月 映画プロデューサー、テレンス・チャンを紹介される
8月 GameLoft社を辞め、映画製作に専念することに
11月 脚本と並行しながら絵コンテづくりを始める
2017年
1月 キャスティング開始。役所広司、チャン・ジンチューとリン・ボーホン交渉開始
3月 脚本と絵コンテが完成
6月 役所広司出演が決定
12月 シンガポール国際映画祭にて役所広司、テレンス・チャンとともに製作発表
12月中旬 中国で撮影開始
2018年
3月 中国での撮影終了
4月3日 カナダ・ロケ開始(雪山のシーン)
4月12日 ネパール・ロケ開始(街中、空港シーンなど)
4月末日 撮影終了
6月 音楽監督に川井憲次が決定
10月 東京国際映画祭にてテレンス・チャンが本作品に言及
2019年
6月 上海国際映画祭レッドカーペットに参加
7月 本編完成

提供:バップ 配給:アスミック・エース ©Mirage Ltd.